天然水の特色を知る

天然成分が含まれています

ウォーターサーバーの水には、大きく分けて2つの種類があります。その種類は天然水とRO水で、特色ごとに好きなほうを選択できます。天然水は名前のとおりに天然の地下水を使用したものです。おいしいことで有名な水の産地で汲みあげて、殺菌などの工程を経てから安心して飲める状態に仕上げます。天然水の大きな特色は自然のミネラルなどが残されている点です。ミネラルを始めとした健康に良いとされる成分を、おいしい水と一緒に摂取できます。子どもからお年寄りまで安全に飲める水として、幅広い世代に人気があります。RO水の場合には人工的なフィルターを通してろ過作業を行うために、ミネラルなどの天然成分は残されていない点が大きな違いです。

産地によって味が異なります

ウォーターサーバーで飲むことが可能な天然水は、数百年の期間をかけて自然にろ過された水が使われています。人工のろ過装置を使うわけではなく、自然の経緯の中で飲める状態にろ過された水なので本来の味が楽しめます。産地ごとに独特の味を残しながら、浄化や殺菌の作業が行われて飲料水が完成します。地球の様々な地域の土地ごとに含まれている天然成分に違いがあるために、汲み取られる天然水ごとに味に違いがある点も特徴です。人工的にろ過すると無味無臭の水になるために、種類に関係なく同じ味になります。従って、色々な味を楽しみたい人には天然水が飲めるウォーターサーバーをおすすめします。水はミネラルなどの成分が含まれているかが重要で、無味無臭の水ならば人為的にミネラルを添加して味や栄養を加えます。

料理をしたり子供のミルクを作るなど、様々なことに使われているウォーターサーバーですが、定期契約を結び宅配水を届けてもらうことが可能となっています。手間がかからないことも人気の1つです。