故障に対する対応

後々の出費を抑えたいなら補償がしっかりとしている業者を選ぼう

ウォーターサーバーは、業務用から家庭用まで多種多様なタイプがありますが、同じ製品を長く使用し続けるには、故障時の対応にも目を向けて業者選びをすることが肝心です。特に、業務用の大容量のウォーターサーバーは、経年による部品の消耗や金属のサビなどによって、性能が悪くなることもあるため、日ごろから点検を欠かさないことが大切です。また、故障時の出費をできるだけ安く抑えたい場合には、個々の契約者への補償がしっかりとしている業者と契約するのがポイントです。業者によっては、数か月おきに担当者が訪問をして基本の点検を行ったり、不具合の有無についてヒアリングをしたりしているところもあり、素人でも安心して対応を任せることができます。

修理に掛かるおおよその費用について予め計算しておこう

ウォーターサーバーの故障を修理するために掛かる費用については、導入前に業者の担当者と話し合いながらきちんと計算しておくことが大事です。一般的に、消耗部品を全て付け替えたり、ボトルの大掛かりなクリーニングをお願いしたりする場合には、数万円の費用が掛かることもあるため、将来に向けてメンテナンスのための資金を蓄えておきましょう。また、余計な出費をなくすには、数ある業者の中でもアフターフォローに定評があるところと優先的に契約を結びましょう。その他、ウォーターサーバーの使用期間によっても故障時の修理費用に大きな差が出ることもあるため、いざという時に焦らないためにも、導入後にこまめに業者の担当者と連絡を取り合いましょう。

ペットボトルの水を使用するよりも水のサーバーを設置して使用する方がやや割高ですが、利便性の向上など価格以上のメリットも得られます。