設置と撤去方法

使いやすさなどを考慮して設置しよう!

ウォーターサーバーに興味があり、色々なことを知りたいという人もいるのではないでしょうか。その中でも知っておくと便利なのが、設置と撤去の方法になります。まず、設置方法の流れですが、最初にどこにサーバーを置くかということを決める必要があります。単に空いているスペースに置くのではなく、どこに置けば使いやすいかということを考えて場所を空けておきましょう。使いやすさと同時に、事故の防止といった観点で、延長コードを使わなくてよい位置かということも頭に入れておく必要があります。 ウォーターサーバーが到着したら、実際の設置に進んでいきます。ほとんどの場合、ダンボールで梱包されて届くのでそのまま開封せずに設置場所まで持っていくとやりやすいです。そこで開封をして説明書通りに作業を進めて行きますが、その前にサーバーの転倒防止ゲルの取り付けなど、独自に行う対策を忘れないようにしましょう。

撤去方法もあらかじめ覚えておこう!

別のウォーターサーバーに変更したい、オフィス移転で一度運び出さなければならないなど、撤去しなければいけない場合もあります。そういった状況になる前に、撤去方法もあらかじめ覚えておくとよいでしょう。まず最初に、水抜きという作業を忘れず行いましょう。これをしっかり行わないと、運搬している途中に水漏れする恐れがあります。床の劣化の原因になる他、転倒事故を引き起こしてしまう可能性があるので真っ先に行いましょう。方法は説明書に明記されているので、必ずその通りに行いましょう。 水抜き後に撤去のために運搬をしますが、運ぶ際にサーバーをあまり傾けないようにすることが大事です。特にサーバー上部の重量がある場合は、転倒など不慮の事故の原因になりやすいです。それを防ぐために必ず大人数での運搬をすることや、コードをまとめておくことを心がけましょう。

赤ちゃんは消化器官が未発達なためミネラルが少ない軟水でミルクを作る必要があります。その点、水質が選べるウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクを作るのに使用すれば、熱湯も使えるので安心です。