RO水の特色を知る

RO水の主な特色は逆浸透膜

RO水の特色としては、雑菌がほとんど入っていないことです。ROとは、浸透圧とは逆の大きな圧力をかける逆浸透技術の事で、0.0001ミクロンの超微細なフィルターを使った膜を使います。逆浸透膜を通して作られた水が、RO水です。技術によって雑菌を含め不純物がほとんど入っていないことから、純水と呼ぶ場合もあります。衛生的な水であることは事実ですが、人工的に作ることができるため、低価格で販売されているものが大半です。また、水を蒸留・イオン交換・超ろ過する精製水とは製造方法が異なります。味はほとんどしないといってもいいでしょう。天然水とは特定の水源で手に入れられた地下水の事を指し、ろ過・沈殿及び加熱殺菌以外に科学的な処理を行っていない水です。RO水とは製造方法をはじめ、ミネラル成分の含有量などが大きく異なります。

安全性を重視している

ウォーターサーバーで提供されているRO水は水道水由来の物、天然水由来の物があります。また、RO水にミネラルを配合し、ミネラルウォーターとして提供しているものなどがあります。最も安全な水であり、小さなお子さんや高齢者など抵抗力が低い人に提供するのによい水と考える人に好まれる水です。ただし、ミネラルが含まれていない水の場合、味については物足りなさを感じる人も少なくありません。うまみよりも安全性を重視している人に向いている物となっています。おいしさよりも安全性を重視している場合利用すると便利ですが、ウォーターサーバーに安全性よりもおいしさを求める人には向いていないため、サーバー会社選びの参考にしてください。

ウォーターサーバーの価格は、湯水両方が使用できるものなど仕様によっても様々で、高額なものから0円で販売している場合もあります。