解約をしたときの金額

解約金が設定されているウォーターサーバーが多い

ウォーターサーバーは、支払いが月ごとであっても契約は年単位で結ばれることが多いです。そしてもしその契約期間内に解約をすると、大抵の場合は解約金を支払わなければなりません。実際にどれくらいの金額を支払うのかはウォーターサーバーごとに異なりますが、大体1万円から2万円程度に設定されています。また解約金が発生する条件もウォーターサーバーによって違い、1年から3年ほど利用し続ければ、解約金なしで解約できるものが多いです。また中には利用年数が長くなるにつれて、解約金が安くなっていくものもあります。いずれにしても解約金が発生すると手痛い出費になってしまうため、利用する前にしっかりと確認しておくことが大切です。

解約金を発生させないためには

ウォーターサーバーの解約金は、実際に使用を始めたものの水質や使い勝手が合わない場合に発生しやすいです。そのようなことにならないためには、お試しを利用すると良いでしょう。ウォーターサーバーの中には、無料や少額で1ヶ月程度試せるものが多いです。そのお試しを活用すると解約金を発生させずに済みます。そして全体で見ると少ないですが、解約金がそもそも発生しないウォーターサーバーもあります。また契約直後であればクーリングオフも適用でき、解約金も発生しません。ただクーリングオフだと8日間という期限が設定されていたり、インターネット上での契約では対応できないなどの条件があるので、あくまでもウォーターサーバーの利用を踏みとどまる際に適用するものだと考えておきましょう。